着圧レギンス「レッグメイクリフレ」の効果は?

着圧ソックスレッグメイクリフレの使用目的・使用感

ドラッグストア等でもよく目にする「着圧ソックス・レギンス」見かけたことのある方もい多くいらっしゃるのではないでしょうか?

着圧ソックスとは、ふくらはぎから足の甲にかけて、あるいは太ももから足先にかけて分圧をかけることで浮腫みや下肢の疲労感を軽減させることができます。

医療機関などで使用されているものとは違い、適度な加圧で心地の良い感覚を得られるため、長時間の立ち仕事や同じ姿勢のまま長時間の作業を行う女性にとっては欠かせないアイテムとも言えます。

本来、病院で使用される着圧ソックスはエコノミー症候群(長時間の同一体位により血の流れが滞ることで血の塊(血栓)の発生を予防することを目的として使用されています。

ただし問題点として、医療品として使用される着圧ソックスは、市販品と比較して加圧が強く、皮膚に食い込んでしまうなどして皮膚トラブルを招く原因ともなります。

そのため、市販品である着圧ソックスは医療品までの効果は期待されず、ある一定の圧力をかけることにより従来むくみやすい足や腕などの血流を促す効果が得られるとされています。

私自身、長時間の立ち仕事によって毎日足はむくみっぱなし。

家へ帰ってきても足の疲れが取れない……。

などというときには、毎日使用しています。

実際に使用してみると、着用せずに休んだ日と比べて明らかに足が軽く、むくみも残りにくいです。

(商品によっては就寝時には着用しないことといった注意書きがありますので、ご注意ください)ここまでレッグメイクリフレについてお話させていただきましたが、着圧レギンス・タイツ・ストッキングなど仕事中あるいは日中に使用する商品も数多く見られます。

これらの商品も自身で使用した経験はありますが、レギンス・タイツ・ストッキングといった普段身につけるものを代替する着用方法では効果は感じにくく、レギンスやストッキングに関しては常にお腹から足まで締め付けられている不快感のほうが勝ってしまい、どうしても使い続けられませんでした。

女性の中には「着用し続けつことで痩せる、部位が引き締められる」などの効果を期待して利用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

着圧機能や圧力の性能からして部分痩せに対する効果は正直薄いと言えます。

装着した際に引き締まった感覚、というのは一時的なものですし、それでは着用していない際は?となると疑問が残る効能であると感じます。

正しく使用すれば、快適な日常生活をお手伝いしてくれる着圧ソックス・タイツ・レギンス・ストッキング。

うまく生活に取り入れて、快適な休息を得られるようにしたいですね。